ホーム>KCSセンター青梅BLOG>姿勢専科BLOG>肩凝りは猫背で作れます。
姿勢専科BLOG

肩凝りは猫背で作れます。

こんばんは。

青梅の姿勢科学士の島田です。

明日は青梅マルシェに出店するんですが、

体験会をやってると多く聞くのが『肩凝り』です。

男性よりも女性に多く見られます。

肩凝りってどうやったら治るんですか?とよく聞かれますが、

なぜ肩凝りになっているかを聞くと『猫背だから』という答えが多いです。

確かに猫背だからは間違ってはいません。

そこでなぜ猫背になっているのか?と聞くとわからない方がほとんどです。

皆さんは猫背ってどんなイメージですか?

201752019247.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じですか?(笑)

201752019262.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じですかね。

見てみると、背中が丸くなっていますね。

背中が丸くなると背中が窮屈になります。

そうすると、肩甲骨が外転した状況になってしまい、

肩が内旋した状態になります。

そうなると頭部が前方になるので、

首から肩にかかる筋肉が緊張状態になります。

それが凝りになり見事肩こりの完成です。

肩凝りは猫背で出来るのが分かったと思います。

あとは、猫背がどうしてできたが分かれば肩凝りは解決します。

それは・・・・・

直接お話伺います(笑)

姿勢科学を学べばわかります。

姿勢科学を学びたい方は、お気軽にご相談くださいね。

 

KCSセンター青梅

0428-21-5835 島田まで


法人・個人の方へ

お祝い事やホームパーティー、研修などでの、体験会・講演・講座承ります。

お気軽にKCSセンター青梅(0428-21-5835)島田までお問合せ下さい。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kcs-ome.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/274