ホーム>KCSセンター青梅BLOG>姿勢専科BLOG>青梅市の小学校で『子どもの姿勢について』の講演をしてきました。
姿勢専科BLOG

青梅市の小学校で『子どもの姿勢について』の講演をしてきました。

こんばんは。

姿勢科学士の島田です。

昨日は多摩高校に続いて学校講演をさせて頂きました。

今回は青梅市にある成木小学校です。

僕は成木の手前にある小曽木出身ですが、

『地元どこ?』って聞かれた時に『小曽木だよ!』て応えると、

あー成木の方って言われてました(笑)

成木の方が知名度あるんですよね(笑)

そんなことも講演中は言いつつ、姿勢についてお話しさせて頂きました。

参加対象は先生方で、研修も兼ねていました。

子どもの置かれている環境を考えると、

姿勢が悪くなる生活習慣が多くなっている事をお話ししました。

先生方も感じているのが、外で遊ぶことが減った事やゲームなど室内で遊ぶことが増え、

動かなくなっているのではって事でした。

それだけではないですが、身体を動かす機会が少なくなっているのはあると思います。

まだ骨格もしっかりしていないのが小学生ですので、

同じ状態を続けるのも難しいです。

背伸びをしたり、大きく深呼吸したりするだけでも、

体の緊張がゆるんで、楽になったりします。

子どもはがんばってます!だからこそ、大人がしっかり知識を身につける必要があると思います。

なんで姿勢が悪いのか?なんでその姿勢になるのか?

姿勢を崩さないといけない理由があるのかもしれません。

肩こり、腰痛、頭痛をもつ小学生や中学生も増えてきています。

姿勢よくしたくても痛くてできないとしたら。

保護者の方にもっと姿勢の大事さを知ってもらって伝えてほしいです。

気になる方がいましたらお気軽にお問い合わせください。

 

※写真撮り忘れました(笑)

201772520271.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kcs-ome.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/296