ホーム>KCSセンター青梅BLOG>姿勢専科BLOG>青梅市の腰痛でお困りの女性に多い習慣
姿勢専科BLOG

青梅市の腰痛でお困りの女性に多い習慣

こんばんは島田です。

先週から一気に冷え込んできましたね。

1日の間に10度以上も気温が下がって、

体調を崩している人が増加中のようです。

皆さんは大丈夫ですか?

寒くなると、体が硬くなって痛むことが増える人がいます。

今回は、腰が痛くなる人に多い習慣についてお話ししますね。

良く聞くのが、朝か洗う時に腰が痛む人です。

足を伸ばしたまま前屈している状態を維持して顔を洗うと腰に負担がかかります。

やや膝を曲げると腰にかかる負担は減ります。

次は、朝起きるときに腰が痛む人です。

寝返りをしてなかったり、体を丸めて寝てたりしている人は、

体がリラックスできず体が固まった状態ですので、

朝いちばんで、体を動かす時に痛みが出やすくなります。

体を起こす前に、ゆっくり太ももを上げたりして腰から下を少し動いかすとほぐれて良いです。

ずっと座っていて立つときに痛くなる人も多いです。

立つ前にゆっくり腰を反りながら肘を肩の高さまで上げて後ろに引くと良いです。

腰と背中の力が抜けて楽になります。できれば30分ぐらいで一度立ってりする方が良いです。

当てはまる人はやってみて下さい。

それでも楽にならない人はお気軽にご相談ください。

 

2017101618592.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kcs-ome.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/301