ホーム>KCSセンター青梅BLOG>姿勢専科BLOG

姿勢専科BLOG

来週は青梅大祭ですね!姿勢年齢チェック&体験会します!

永山から見える山々が新緑でモコモコしてきました

春真っ只中の青梅といえば!!

そう!!青梅大祭!!

青梅に来てお祭りの山車を間近で初めて見たKCSセンター青梅・荻窪院長の車田です。

大祭といえば

山車にお囃子、屋台と盛り上がりますね!

しかーし!

お祭りの定番とは全く違いますが(笑)

毎年盛況になっているのが

KCSセンター青梅前の姿勢調整体験会!!

だれでも気軽に姿勢調整の体験ができます!

今年はさらに

姿勢年齢のチェックもできますよ!

ぜひぜひ青梅大祭にお越しの際は

KCSセンター青梅の姿勢調整体験会にも遊びに来てください!!

201642517713.JPG

健康維持に寝返りは重要です!

こんばんは(*^_^*)

KCSセンター青梅 マネージャーの萩原です。

 

今日は寝返りのお話。

健康な人が一晩で寝返りをうつ回数は

20~30回と一般的に言われています。

 

えっ?!一晩で20~30回も???

と驚かれた人もいると思います。

 

ではなぜ、寝返りをうつのでしょうか。

寝返りの重要性について簡単にお話しますね。

 

①血液の循環をよくする

 寝ている時に体重がかかってる部分は

 血行が滞りやすくなってしまいます。

 

②肩や腰にかかる重力を分散させる

 重力を分散させることで肩こりや腰痛

 の予防になる。

 

③睡眠リズムを切り替えて、質の良い睡眠をとる

 レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すことで

 体と脳が休息できる。

 レム睡眠とノンレム睡眠の切り替え時に

 寝返りをすることが多い。

 

④体の歪みをなおす

 ノンレム睡眠の時に、筋肉も寝ます。

 この時に、姿勢が作られるわけです!

 

このように、寝返りは体を休息させたり

体にかかる負担を軽減するために

大変重要な役割があるわけです。

 

そこで、問題となってくるのが

「寝具!」

 

あなたの寝具は寝返りがスムーズにできますか?

柔らかすぎる寝具や、狭いところで寝ていると

寝返りがスムーズにできません。

その場合は、睡眠環境の見直しが必要です。

まずは、私たちにご相談下さいね。

体の構造を良く知る、姿勢の専門家が

アドバイスさせていただきます。

 

そして、ママやパパ!

子どもさんの寝相が悪いのは

それだけ熟睡している証拠です。

寝返りをうつことは良いことなのです(*^_^*)

だから、思いっきりゴロゴロさせて

あげて下さいね!

それが健やかな成長にも繋がりますからね。

201642121121.jpg

 

 


 

 

健康診断で身長が1.5cm伸びた!青梅70代女性

いきなりの暑さ!毎日着る服に悩み中の

KCSセンター青梅・荻窪院長の車田です。

年をとると背が低くなる

こんな当たり前のことを

ひっくり返してしまった女性がいます。

彼女は70代

腰椎の圧迫骨折をきっかけに

背中がまるくなってしまいました。

そうなる前は出かけるのが好きで

たくさん旅行をしていたそうです。

しかし、今は散歩は決まって夜

なぜなら人目につかないから。

猫背の自分を見られるのが嫌なんです。

そんな彼女がKCSセンター青梅に昨年から来院

最初は愚痴ばかりで

それをなだめたり元気づけたり施術以外のケアも行っていました。

3か月もすると以前より体が楽になり

歩くのも苦痛ではないと少し自信を深めていました。

そんなこんなで来院から1年ほどたったある日、

そういえば先日の健康診断で身長が1.5cm伸びていたと

大喜びされました。

もちろん、施術後すぐに測ったわけではありません。

通常状態で昨年より1.5cm伸びていたのです。

実は彼女は圧迫骨折をしてから7cm身長が縮んでいて

もう完全にあきらめていたんです。

ところが、痛みがらくになりさらに身長まで伸びた!

そこで、あきらめていた旅行でも行ってみたら?

と持ち掛けたら

彼女は

そのお金をこっちに回すから

あと2cm身長を伸ばして!ですって(笑)

2016418173950.JPG

花見を終えて

KCSセンター青梅で姿勢調整師の島田です

今年もKCS花見に参加するべく倉敷まで行って来ました

倉敷の桜は私たちを待っていてれました!!

2016413175620.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

KCS花見は毎年200人ぐらいで盛大にやっています

ご家族やお友達も参加されているので

とてもアットホームな花見です

来年はどんな方と花見ができるか楽しみですね

 

今回は花見だけではなく

しっかり研修もやりましたよー

KCSでは毎月技術のチェックをしています

そして年間84時間以上の技術研修をしています

そうして安全性をチェックをしています

毎年1月には厚生労働大臣認可の日本カイロプラクティック協同組合連合会(以降JFCP)

が実施する【JFCP技術審査会】があります

そこで更に技術の安全性を安全評価委員会で審査するのですが

その審査にて厚生労働大臣認定の臨床安全優秀者として島田が表彰されました!!

 

20164141944.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもお客様あっての結果です

本当にありがとうございます

これからも頑張りますので

宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

背骨の中は神経のメイン通路

こんばんは!KCSセンター青梅

マネージャーの萩原です。

 

まずはこれをご覧ください。(*1)

 

20164919742.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨の中には様々な神経が通っています。

こんな感じで神経は背骨から出ています。

201649191423.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この黄色のピロピロしたのが神経。

たくさん神経が出てるのは

それぞれ与えられた役割があり

行先が違うのです。

それは(*1)をみていただくとわかると思います。

 

これらの神経は、背骨に歪みがない状態で

100パーセントの力を発揮してくれます。

 

ところが背骨に歪みがあると

ちょっと神経の通り道が狭くなります。

そうすると、渋滞ですよ・・・

下手したら行き止まりに。

 

その渋滞を知らせてくれる為に

腰・肩・頭・膝など体の痛みや痺れ

内臓の不調などのサインを出してくれるわけです。

 

人間の体ってよくできてます!

 

ということは。。。

 

この渋滞してるところがどこなのかがわかり

スムーズに神経が通れるようになれば

体も正常に働いてくれるわけです。

 

あなたの体のどこが渋滞してるのか調べることと

あなたの体が正常に働けるようにすることを

KCSセンターは行っているのです。

 

春は健康診断の季節。

是非、背骨の検査もしてみましょう。

・・・というわけでイベントのお知らせです!

 

4月17日(日)青梅マルシェ

青梅駅そば久保カデン青梅店をお借りして

姿勢年齢チェックとちょこっと姿勢調整体験を開催します。

 

気になる方は是非おでかけくださいね(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

肩動いてます?最近アドバイスすること

スキーシーズンも終わり、これからは川下りシーズンです!

KCSセンター青梅・荻窪院長の車田です。

五十肩、四十肩、つらいですね

それ以外に痛みがなくても肩が上がらなくなっている人

結構いるんです。

四十肩予備軍とでも申しましょうか。

自分では手を挙げているつもりでも

実際には正常に動いてない

この状態を長く続けると

肩の関節が癒着し、

結果、四十肩のような痛みを感じるようになってしまいます。

なぜ?

関節の運動構造に関してはここでは説明は省きますが

普段の生活習慣で背骨の運動が制限されると

肩甲骨の動きも制限されてしまうんですね。

例えば

鏡の前に立って右手左手とゆっくり横から手を挙げてみてください

あげていく最中に頭があげている手によっていきませんか?

もしそうなるとそれは肩甲骨が動いてませんね。

痛みがなく動きにくい方には

ぶら下がりをおすすめします。

ぶらさがることで

肩甲骨を体重で動かすことができるし

背骨にかかる圧も軽減します。

最近はぶら下がれるようなところは

なかなかないと思いますが

工夫してみてください。

仕事の合間、家事の合間に

ちょこっとぶらさがり

五十肩四十肩、猫背予防にぜひ。

ちなみに人生ぶらさがってはいけません(笑)

以上、車田でした!

201644191023.jpg

腰痛でコルセットが外せない

この数日の暖かさで

桜があちらこちらで咲きはじめましたねcherryblossom

春は本当にいい季節shine

こんにちは!KCSセンター青梅

マネージャーの萩原です。

 

今日はコルセットのお話

 

2016331115819.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛の時にコルセットをすると

体を動かすのが楽に感じたり

痛みが軽くなったように感じたり

なんとなく安心だったり・・・

 

例えば、ぎっくり腰になってしまった!!

でも仕事に行かなければならない!!!

そんな時にコルセットを装着すると

なんとか乗り切れたりします。

そんな時はコルセット様様ですよね。

 

でも、そんな心強いコルセットですが

間違った使い方をすると

大変な事になりかねません。

 

一時的に使用するならまだ良いとして

毎日ずーーーっと使用するのは

かなり問題です。

私が聞いたことがあるのは

①寝るとき以外はずっとしてる

②お風呂以外はずっとしてる

 

コルセットをずっとしていると

自分の筋肉を使わなくなるので

筋肉が弱っていきます。

そうなると、コルセット無しで

立つことが辛くなってきてしまう。

 

2016331115913.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。大変なことですね!

でも、怖くて外せない・・・

いきなりはずすのなんて無理!

そう思ってしまいますよね。

 

以前、お客様が同じことを言ってました。

でも、施術をしていきながら

少しずつコルセットを外していただく時間を

作っていただくようにした結果・・・

 

脱!コルセット!!!ですshine

 

良かったですね(*^_^*)

 

辛い時に手助けしてくれる

とてもありがたいコルセットですが

使い方を間違えると体に影響が出てしまいます。

 

どうせならコルセット不要の

体にしていく方がいいと思います!

これから夏もやってくるからね!

 

あなたやご家族は大丈夫ですか?

もしお悩みの方がいらしたら

ご相談下さいね。


施術を受けたお客様の声はこちら

施術メニュー詳細はこちら

 

 

 

 

サッカー少年、膝の痛みがなくなった!!

都内では桜が開花しましたが

まさに花冷え・・・寒いですね。

青梅の桜はまだまだ蕾が

かたそうです。

こんにちは!KCSセンター青梅

マネージャーの萩原です。

 

今日は高校生のサッカー少年のお話。

 

もともとお母様がKCSセンター青梅に

通っていらしたのですが

高校生の息子さんがオスグッドで膝に痛みがある

ということなので来院していただく事に。

 

高校生男子といえば多感な年頃。

初回は緊張と不安が入り混じった顔をしていて

もちろん言葉も少なめ。

 

私も一応、男の子を育てた母。

緊張気味の彼の心を少しでも楽にするには

どんな話をしたらいいかな?

と考えました。

結果、20分後には足の大きさの話題で

盛り上がった私たちでした(*^_^*)

少しは緊張がほぐれたようで良かった!

 

3回目の来院時には膝の痛みがほとんど出なくなり

サポーターもせずにサッカーできた!!!

と興奮気味。

こんな時の高校生男子って本当にかわいい。

 

いつもお母様と一緒に来院するのですが

親子の会話も以前より弾んでる感じがします。

 

最初はお母様に隠れるように院に入ってきていた少年。

今では真っ先に車から降り院に笑顔で入ってきます。

痛みもなくなり気持ちも前向きに!!!

これからの少年の活躍が楽しみです。

2016324121714.jpg

 

 

4月16日は吉祥寺に行こう!

おはようございます!(^^)!

雨の週末となりましたねrain

KCSセンター青梅 マネージャーの萩原です。

 

前回、院長が書いたブログをお読みいただいたでしょうか?

「腰痛の原因は心の問題ではなく構造的なもの!」

という内容で書いています。

もし、読まれてない方がいらしたら

先ずはこちらを読んでみましょう。

http://www.kcs-ome.com/blog/2016/03/post-167.php

 

さて・・・

KCSセンター青梅にも腰痛でお悩みのお客様が

たくさんいらっしゃいます。

その中には、病院や鍼、接骨院やマッサージ

様々なところに行かれたというお客様もいます。

 

そんなお客様からお話を伺うと

「痛みを取るだけでは、またすぐ腰痛を繰り返してしまう」

「姿勢が悪いのがいけないのはわかってるけど

どうしたらいいのかがわからない」

という話をよく聞きます。

 

そうですね。

お客様の言う通り。

 

KCSセンター青梅にお越しいただければ

詳しく説明をさせていただきますし

お体の状態を詳しく検査させていただく事もできます。

 

ただね、その前に考えていただきたい事があります。

なぜ、様々なところに行ったのか?

なぜ、どうしたらいいのかわからないのか・・・

 

そこが解決できたら、自分で判断できたら

健康でいるための一番の近道になるのです。

 

KCSセンター青梅で働いていて

辛い思いをしたお客様をたくさん見てきたから

心からそう思うのです。

なかには、なぜこんなにひどくなるまで

何もしなかったのか・・・

そんな方もいらっしゃいます。

 

腰痛や肩こりや頭痛

命にかかわることではありません。

でも、時には平穏な日常生活を

奪ってしまう事があります。

 

寝れない、起き上がれない、歩けない、靴下が履けない

着替えがままならない、仕事ができなくなった、走れなくなった

野球ができなくなった、サッカーができなくなった、子どもを抱けなくなった・・など

 

想像してみて下さい。

何気なく毎日している事ができなくなるのって

本当に辛くて悲しいことなんです。

 

このブログを読んでくださってる方はもちろん

みなさんの大切なご家族や大切なお友達に

このような思いをしてもらいたくないのです!

 

ではどうしたらいいの?

 

答えは1つ。

 

自分のカラダの仕組みを知る事。

難しく考えないで下さいね(*^_^*)

まずは初歩的な知識でいいのです。

 

あ、本格的に勉強してみたい方も

まずはここからスタートしてみましょう。

勿論、個別相談も承ります。

 

そこでお知らせ♪

 

 

【姿勢と健康の基礎講座】

 

日時 2016年4月16日(土) 10時~16時半

場所 武蔵野商工会議所

   (JR吉祥寺駅北口 徒歩5分)

参加費 10300円(昼食代込)

 

詳細、お申込みは下記またはKCSセンター青梅にお問い合わせ下さい

http://kokucheese.com/event/index/381076/

 

 

今回は三重県から講師をお招きしています。

日本人で数名しかいない健康科学博士号を

取得された先生がお話して下さいます。

 

貴重なお話が聞けるチャンスです(*^_^*)

そのチャンスをものにするかは

あなた次第です・・・(都市伝説風になってしまった)

2016319113419.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

腰痛の原因は心の問題ではなく構造的なもの

雨ですね。

春はほんとに天気が変化しやすい。

何かを始めるとき、その日はいつも雨なKCSセンター青梅・荻窪 車田です。

季節の変わり始めは何かと腰にきます。

厚生労働省のデータによると

40代から60代の4割の方が腰痛の悩みを抱え

8割の方が原因不明となっています。

今、病院では腰痛に関して

抗うつ薬や抗不安薬を使うらしい

その人の心の問題が痛みを引き起こしているということらしい

ストレスや不安、その他精神的なものですね。

本当にそうでしょうか?

誰だって痛みがあれば不安や気持ちも暗くなる

薬で不安をなくして解決するのか?

もしそうなら

私がよくしてきた腰痛はなんだったのか?

KCSセンターでは

痛みに関して構造的な問題を注目します。

関節の運動機能の障害と呼んでいますが

それに対して調整をおこない

姿勢が改善されることによって

腰痛などの痛みがとれる。

痛みがとれれば、気持ちも明るくなり前向きになりますよ!

ぜひ、考えてください

自分の体に本当にいいのはどちらかを。

2016314193013.jpg