ホーム>よくある質問

よくある質問

よくある質問

ご質問 猫背の原因って何ですか?
回答 もともと人間の骨格は前屈しやすくなっています。
さらに、歩行、座る、など、普段から腰を前屈することが多いですよね。
腰をそって歩く人はまずいないと思います。そのような習慣から猫背になりやすいのです。
ご質問 猫背を治す事はできるのでしょうか?
回答 姿勢はその人のクセです。猫背もクセからおこるものが多いのです。
きちんと調整すればかなりよくなります。ただし、以前とかわらない生活習慣を続けてしまえば、またもとにもどるでしょう。
当院は調整ももちろんですがその後の姿勢のケアに力をいれています。いつまでも自分の足で歩いて行動できるのがいいですよね!
ご質問 姿勢調整の治療は痛くありませんか?
回答 姿勢バランスのゆがみによって動きにくくなった骨格や筋をもとの動きに戻す施術です。
無理な負荷をかけたり、強引な施術は行いません。
さらに毎月、技術研修に通い、チェックを受けているので安心して受けられますよ。
ご質問 子供の姿勢調整もやっていただけますか?
回答

最近、子供も姿勢が悪いんです。
原因は環境にあります。そのことを理解しないと子供の姿勢は守れません。
もちろん、調整はできますがお父さん、お母さんが正しい知識をもってください。
子供を守れるのは親しかいないのです。

子供の姿勢についてはなんでもご相談ください。親が施術を受けている場合は特典があります!

ご質問 靴底の減り方が左右で違います。
回答 これは歩行メカニズムが悪くなっています。
歩行するときは骨盤、背骨、股関節、膝、足首、肩など人間の重要な関節を多く使います。どこか一つでも関節の動きが悪くなると左右のバランスがくずれ、靴底をひきずるようになってしまいます。
靴底の減りが違っていたら要調整ですね。
ご質問 姿勢をよくしたい!
回答

最近、「痛みはそんなに気にならないけど姿勢をよくしたい」というお客様が増えてきました。
ずっと、姿勢について話をしていたのでやっと理解していただけるようになったのかなと。
そのようなお客様が来院すると自然と力がはいります。

姿勢が悪いままでほっておくと脳、神経、筋肉、骨格、血流、体の全てにトラブルが起こります。
ダメージがひどくなると痛むわけです。

ぜひ、自分の姿勢を確認して問題があるようなら調整をしましょう。
詳しくは院でご説明します。

あなたの姿勢を守るのはあなたしかいないんです。

ご質問 膝にも注意!!
回答

先日、ぎっくり腰について書きましたが、いやいや、膝痛もこの季節、多いですね。

正座ができないくらいまでほっておくと変形を疑う必要があります。
変形した場合はいかにその状態から悪くならないようにするかということになります。
変形するぐらい負荷がかかるわけですから当然、骨盤、腰にも問題があるはず。
重心バランスが膝に負担を与えないように姿勢を変えていく必要があります。

やはり、姿勢をしっかり分析する必要があるんです。
ただ、痛みをとる、ということは単純にはいかないものなんです。膝痛、ぜひご相談ください。

ご質問 マッサージと何が違うんですか?
回答

先生の技術はマッサージと何が違うんですか?

この仕事をしているとこの話題は必ず出てきます。当然ですよね。
お客様はつらい痛みや悩みを私たちに託すんですから、しっかりとした知識と技術を持っている人間に施術してもらいたいですよね。

さて、マッサージですが、
「人体の病的状態の除去又は疲労の回復という生理的効果の実現を目的として体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」という感じでしょうか。
簡単にいうと「今痛みがあるところを押して回復を促す」ですね。
私たちが行う姿勢療法は、カイロプラクティックの骨格矯正を基本に地球上で直立二足歩行を行うために骨格、筋、靭帯を調整して姿勢をよくすることを目的にしています。
痛みや不快感、疲れやすいなどは姿勢のゆがみからくるものと考え、それを自然なバランスにもどしていく療法です。

マッサージと私たちの姿勢療法は目的が違うのです。
姿勢をよくしたい、痛くなりにくい体にしたい、だるさをスッキリさせていい状態を続けたいなどと考えている方には私たちの姿勢療法がぴったりですね。
あと、スポーツなどを続けていくにも有効ですよ。

ご質問 姿勢調整は間隔をあけて治療をうけても効果はありますか?
回答

考えてみてください。
今日、初めてスキーをしました。次は来月やります。
この人は上達するでしょうか?
できれば、間隔をあけずに練習したほうが上達しますよね。そして、ある程度滑れるようになったら間隔をあけても体が覚えているからまた滑れますよね。

姿勢もクセですからあるていど最初は間隔をあけずに施術をうけていくと効果がでます。
そして、体がいい姿勢を覚えたら間隔をあけることをお勧めします。

ご質問 姿勢調整とはどういった治療をおこなうのでしょうか?
回答

姿勢調整とは人が直立二足歩行をするためのバランスを調整するものです。
肩コリや腰痛、膝痛などの痛みは姿勢バランスの変化で起こります。

簡単に言うと生活習慣。
自分では気づかずにバランスを崩しているんですね。よく、写真を撮るときに首が曲がってるよというやつです。自分ではまっすぐなつもりなのに・・・

直立二足歩行するための姿勢は骨格と筋バランスできまります。
それを調整するのが姿勢調整になります。

ご質問 どのくらいの治療回数で姿勢調整ができるのでしょうか?
回答

姿勢というのは簡単にいうとその人の生活習慣のクセです。
したがって、クセをなおすと考えていただくとわかりやすいと思います。
期間はその人によって違いますが変化はすぐにあらわれます。それが定着するのが1~3か月
その後はケアという形で来院される方が多いですね。

ご質問 KCSセンターのCAとはなんですか?
回答

これはカイロプラクティックアシスタントの略です。
おもにお客さまがスムーズに施術を受け、カイロプラクターとお客さまの橋渡しをするいわば、看護師のような仕事です。
現在、KCSセンター青梅ではCAを募集しています。興味のある方はご連絡ください。

ご質問 院ではカイロプラクター以外は働くことはできないのですか?
回答

そんなことはありません。受付や、施術をサポートする仕事もあります。
とくに施術に関してはWHOガイドラインの中に記載されているマイオセラピストという資格があります。
マイオセラピストはカイロプラクターの処方から施術を行う技術者です。
カイロプラクターは大学卒業でなければなりませんが、マイオセラピストは技術講習を受ければ、短期で習得可能な仕事です。

現在、KCSセンターではマイオセラピストを募集中です。
詳しくはKCSセンター青梅にご連絡ください。

ご質問 施術してもまたもどってしまうんですか?
回答

姿勢のゆがみは生活習慣や環境の影響で少しずつ悪くなってきたものです。
ですので一度の調整では戻りやすいのです。

KCSセンターではお客さまに合わせた施術計画を立てますので、少しずつ今までと違う姿勢や体の動きが実感できます。

ご質問 ウォーキングはしたほうがいいですか?
回答

痛みがあるときはやらないほうがいいです。
また、姿勢が悪いのに長時間歩くと腰や足に負担がかかり、逆に痛める場合がありますので注意が必要です。

ご質問 ゴルフで体をひねることが多いです。これはゆがみやすいですか?
回答

はい。ゴルフは特にひねりが多いので油断をするとゆがみやすいです。
当院でもゴルフをやっている方はとても多いです。

とても楽しいスポーツですから悪くならないように準備運動とケアはしっかりしましょう。
気持ちよくゴルフをするため、調整に来院されるといいです。

ご質問 家ではイスに座っているほうが腰にはよいのでしょうか?
回答

実はイスに座っているときのほうが腰にかかる負担は強くなります。
なのでイスのほうがいいわけではありません。
ご自分の状況によってイス、座椅子など選択していくことがいいですね。

ご質問 施術に通っている間は運動は控えたほうがいいですか?
回答

状況によって、休んでいただく場合がありますが、ある程度施術が進んでからはどんどん動いてください。

好きなスポーツをすることは精神的にもいいのです。
ただし、むやみに筋肉トレーニングをしてはいけません。
姿勢バランスが整ってから始めたほうがよいでしょう。

ご質問 よく足首をひねってしまいます。どうしたらいいですか?
回答

ひねって筋肉、靭帯、腱などを痛めることが多いということは根本的には改善していなくて、関節のずれがあると考えられます。
痛みがおさまってしまうとなおったように感じますが、実際には関節のずれが残っていてそこに負担がかかるとまたひねってしうのです。
再発防止にはKCSセンターでケアしましょう。

ご質問 野球肘やテニス肘はよくなるんですか?
回答

スポーツで痛めた肘などもカイロプラクティックケアが有効です。
肘を痛めた原因は肩や首にある場合があります。その場合はいくら肘をもんだり温めたりしてもよくなりません。
痛みがおきた原因をケアしていくことが大切です。
KCSセンターではスポーツをしている方々のポテンシャルを引き上げるような施術もおこないますのでご相談下さい。

ご質問 足を組んで座ると骨盤がゆがむんですか?
回答

正解です。正確には骨盤がゆがんでいるから足を組んでバランスをとっているんですね。
組みやすいほうと組みにくいほうがあるはずです。
足を組むというのは骨盤のゆがみのサインです。

ご質問 腰痛体操は予防になりますか?
回答

腰痛には種類があります。疲労性や姿勢のゆがみなどです。
関節の動きが悪くなっているということは筋肉も動きにくくなっています。
わずかな動作でもギックリ腰になってしまいますから、腰痛体操したために「ギクッ!」なんてこともあります。
自分にあった予防法はやはり専門のプロにアドバイスをもらうべきです。
KCSセンターは運動と休息についてもしっかりアドバイスいたします。

ご質問 うつぶせで寝るのはよくないんですか?
回答

うつぶせで寝てしまうと肺を圧迫したり、必ず頭を左右のどちらかにひねってしまいますよね。
これではよい姿勢は作れません。いわゆる悪循環になってしまいます。

なぜ、うつ伏せになるかというとこれも人間の背骨の自然なカーブ(生理的湾曲)が影響します。
湾曲がなくなると背骨に負担がかかるので仰向けになると痛みがでるのです。

だからうつぶせになるのですが、これは背骨のトラブルのサインです。
ケアをして仰向けで寝られるようにしましょう。

ご質問 いろんな枕を試したけど自分に合うものが見つかりません。
回答

枕の選択はとても重要です。最近は自分にあった枕がはやっていますが自分の首がゆがんでいたらそれにあわせた枕では改善できないのはわかりますよね。

自分に合った枕を探すのではなく、自分の首に自然なカーブをつくるようにしなくてはなりません。
まずは首の調整。その後、枕の使い方のアドバイスをいたします。

ご質問 1年に何回もギックリ腰をしてしまう。
回答

痛みがひいたからといって治っているわけではないのです。
ギックリ腰は腰の捻挫です。捻挫はくせになるといいますが、これは関節の動きが正常にもどっていないためです。
ですから、ちょっと無理な姿勢をすると筋肉を傷めてしまうんですね。
再発を防ぐのであれば、きちんと検査をして自分の腰の状態にあったケアをお奨めします。

ご質問 足の長さが違うといわれました。
回答

骨折などしていなければ自然に左右の長さが違ってくることはほとんどありません。
左右の違いは骨盤のゆがみですね。

骨盤は3つの骨が組み合わさって出来ています。
ゆがみがおきると股関節の位置が左右で平行ではなくなるため、足の長さが違って見えるのです。これも骨盤矯正をお奨めします。

ご質問 コルセットは巻いたほうがいいんですか?
回答

しっかりと施術をうけていればあまりお勧めはしません。
コルセットはあくまで筋肉の変わりに姿勢のサポートをするものです。

あまり頼りすぎると筋肉が弱り、コルセットなしでは立つことが出来なくなるかもしれません。
必要最小限の使用がいいでしょう。

ご質問 歩き方がパタパタして歩幅が狭いんです。
回答

これは最近若い女性に多く見られます。実は腰のくびれに関係しているのです。
くびれとは腰の骨のカーブですがこれがまっすぐの人が増えています。

放っておくと腰に負担がかかり、ひどい腰痛になる可能性があります。
腰がスムーズに動かなくなり、前傾姿勢になるため、歩幅が狭くなり、パタパタ歩くようになるのです。早めのケアが必要です。

ご質問 平らなところでもしょっちゅうつまずいてしまうんですが・・・
回答

これはまず姿勢バランスを疑いましょう。

自分で筋、骨格、神経の働きをコントロールできていないんですね。
施術で姿勢バランスを改善するとつまずきが減って転びにくくなり、骨折なども防ぐ予防になります。

ご質問 ヘルニアの手術をした後でもうけられますか?
回答

ご安心下さい。うけられます。
ただし、手術の仕方によっては関節の可動域が制限されてしまうので、もとのような動きは出来ない場合もあります。

手術した場所に負担をかけない施術をおこない、体のバランスを整えることは可能です。
しかし、できるなら手術の前にKCSセンターにご相談下さい。
手術は最終手段です。

ご質問 生まれつき姿勢が悪いといわれたんですが・・・・
回答

先天的な問題がなければ生まれつき姿勢が悪い人はいません。
なぜなら、赤ちゃんのときはまだ姿勢ができていませんよね。

したがって、姿勢とは成長とともに悪くなったりするものなのです。
習慣や環境ですね。あきらめずにご相談下さい。

ご質問 カイロプリント(姿勢画像分析)ってなんですか?
回答

これは日本ではKCSが初めて導入したシステムです。
痛みやゆがみは姿勢の重心バランスが崩れておこるものです。
その場の痛みをとるのではなく、根本からよくしていくには普段どのような姿勢でいるかが重要になります。

カイロプリントは普段の姿勢を立体的に前後左右のバランスや重心位置など、写真からコンピュータで分析し、現在の状態を見ることができるのです。
もちろん、分析結果はお客様にお渡しいたします。

また、改善具合をみるために1~3ヵ月後に再度撮影して比較することもできますので、自分の姿勢の変化がわかるんです。

ご質問 ほかにもKCSはあるんですか?
回答

はい。日本全国80店舗を展開しています。
引越しなどで今までのKCSセンターに通えなくなっても、引越し先のKCSセンターに通うことが出来ます。

全ての院は電子カルテによって本部で管理していますので、次のKCSセンターにお客様の状況を知らせて今までと同じ施術をうけることが出来ます。

ご質問 KCSは他のカイロと違うんですか?
回答

はい。違います。KCSは日本初のフランチャイズシステムを導入し、院長は全てWHO教育基準をクリアしたカイロプラクターです。
さらに、カイロテクニックを元に日本人にあった技術を開発し、お客様にあったオーダーメイドの施術をおこないます。

技術の劣化を防ぐために毎月、技術研修をおこない、常に向上心をもってお客様に接しています。
お客様からは「今までのカイロとはちがうね」とお言葉をいただいています。

ご質問 整体とはちがうんですか?
回答

整体は色々な療法をひとまとめにして整体と呼んでいるようです。
実際にはどこからどこまでが整体なのかは判断できません。どれも統一された基準はないのです。

カイロプラクティックはWHO(世界保健機関)によって教育基準がもうけられ、医療として認められています。
ただし、日本にはまだ法制化ができていないので同じようにみえてしまうのです。
安心してうけたいのであれば、WHO基準を満たしたカイロプラクティックに通うことをお奨めします。

ご質問 ダイエットの効果はありますか?
回答

骨格を調整して体の代謝機能が上がりますので、ダイエットのしやすい体になります。
また、太りやすい方には栄養分析システムを導入していますので運動と一緒にアドバイスいたします。

ご質問 妊娠中はうけられますか?
回答

大丈夫です。出産は骨盤にとってゆがみやすい時期です。
妊娠時から骨盤や背骨の調整をおこなっていれば出産も楽になります。

状態によって施術の仕方を変えますのでお体に無理をさせないようにできます。ご安心ください。
また、出産後の体型維持にもカイロプラクティックは貢献できます。

ご質問 何歳ぐらいまでうけられますか?
回答

基本的に年齢制限はありません。骨粗しょう症など骨がもろいといわれた方もご相談下さい。
また、よく「もう年だから」などとおっしゃる方がいますが、痛みやゆがみは年齢からくるのではなく生活習慣や環境に影響されます。
したがって、お年でも生活習慣や環境を変えれば今よりも体に負担がかからず、楽に生活できるようになります。

ご質問 子供は何歳からうけられますか?
回答

アメリカでは生後9時間でカイロプラクティックの施術をうけるそうです。
当院ではご親族の了解があれば、施術をさせていただきます。

ご親族が施術を受けていただいている場合は小学生は無料で診させていただいています。
特に、お子様の姿勢は最近悪くなってきています。
痛みをうったえていなくても一度、姿勢の検査をお奨めします。

ご質問 当日の予約も可能ですか?
回答

曜日や時間によって混み合っている場合がありますが、空いていればご予約できます。
まずはお電話ください。

ご質問 何回通えばいいですか?
回答

これは一番気になるところだと思いますが、まず、1回でよくなるとは考えない方がいいです。
ダイエットなどもそうですが急激な変化は必ずリバウンドがあります。

当院でも検査の上で、再発しない体になっていただけるように施術計画を立て、ご説明いたしますので状態を把握しないで何回とはお答えできないんです。

ご質問 一回にどのくらい時間がかかりますか?
回答

初回はお客さまの状態を把握するためにお話をお聞きして当院のご説明をして検査をしてから施術にはいりますので約1時間です。

2回目は検査の結果を説明してから施術になりますので約40分。
3回目以降は20分から30分ほどかかります。

ご質問 施術後にしてはいけないことはありますか?
回答

特に初回は普段、動いていなかった筋肉や関節が動くので疲労感などが出る場合があります。
ですので、お風呂で長湯などは控えていただいています。
また、筋肉を鍛えるトレーニングも状態によっては控えていただいています。

ご質問 来院するときどんな服装がいいですか?
回答

基本的には動きやすい服装がいいです。
診療台に寝ていただきますのでスカートなどはご遠慮ください。
着替える場所もご用意していますので持参していただいても大丈夫です。

ご質問 施術は痛くないですか?
回答

よくカイロプラクティックに行くと痛いとかバキボキするなどと聞きますが、KCSカイロプラクティックは特に、日本人の体格や特徴に合わせて技術を進化させてきました。

なるべくお客さまに負担をかけず、効果のある施術をおこなうため、毎月、技術や知識のトレーニングを行う研修に参加してよりよい施術を行えるように研究しています。ですので痛みはほとんどありません。

ご質問 施術のとき、音が鳴るといいんですか?
回答

カイロプラクティックの調整時にパキっという音が鳴ることがありますが、これは骨があたって鳴る音ではなく、靭帯の内圧の変化によるものといわれています。

もともと、調整は音を鳴らすことが目的ではありません。
ただし、音が鳴るとよくなるといって無理に鳴らそうとして関節や靭帯を壊してしまう療法家もいます。注意してください。

ご質問 カイロプラクティックってどんなことをするの?
回答

カイロプラクティックとは「手の技術」という意味で、施術のほとんどを手技で行います。
ただ痛い部分を押したりもんだりするのではなく、関節可動域の制限が起こっている部分にわずかな圧力を加え、可動域を正常にすることを目的にしています。
これにより、神経圧迫などの痛みの原因を解消するのです。

ご質問 日本でカイロプラクティックは学ぶことができますか?
回答

現在、日本でWHOガイドラインの基準を満たした教育機関は、オーストラリア公立マードック大学インターナショナルスタディセンタージャパン(東京都三鷹)一校のみです。ここは全日4年制の大学です。

多くの専門学院が存在していますが、資格などはその学院の基準でしかなく、国際的には認可されていません。

ご質問 保険はききますか?
回答

日本におけるカイロプラクティックについて、政府は現状を把握できていません。
それは自称カイロプラクターの数があまりにも多いから法制化を進めることができないのです。
したがって公的な保険は残念ながら適応されません。

 

お気軽にご連絡ください(ご予約・お問い合わせ)

お気軽にご連絡ください(ご予約・お問い合わせ)

10年前にここ青梅に開院しました。
当初より「痛みだけをとるのではなく原因と姿勢の改善を目的としています」とうったえていましたが
本当に多くな方々がこの考えに賛同くださいまして日々、体のケアに取り組んでいます。

ほっておいても楽にはなりません。きちんと原因を解消して仕事や遊びを楽しんでいただけるようにスタッフ一同サポートしていきますのでこれからもよろしくお願いします。お気軽にご連絡ください。

※ご予約が混み合っているため、はじめてのお客様は1日3名限定の受付となります。お早めにご予約ください。
 

お問い合わせはこちらから

講演会お申込みはこちらから

姿勢セラピスト募集